トイレの節約術

家庭で何気なく水を使うところとして、トイレがあります。通常、特に意識することなく、使用後は水を流している方が多いのではないでしょうか。しかし、習慣で何気なく流しているその水を節約する方法がないでしょうか。

まず、タンク式のトイレの場合、レバーを傾けると一定の時間水が流れ続けます。そして、流れるのが止まった後、しばらくタンク内に水がたまる時間が続きます。その過程で水を節約する方法として、最初の水が流れ続けるのを減らすことが出来ないでしょうか。すぐにでも出来る方法としては、トイレに大と小の両方向にひねる事が出来るようになっている場合は、基本的に小を利用するようにします。無意識に大小どちらの場合でも、大にひねる人もいますが、小の場合は小で流れます。また、子供などの場合は、大の場合でも小で十分流れますし。大人でもトイレの性能によっては小で十分流れます。それ以外にも早く水を止める方法として、タンク内の止水ボール(通常くさりの先についている黒いゴムのボール)に100円均一である、おもりを取り付けることで、何も無ければゆっくりと栓をするゴムのボールが、おもりで早く沈み、短時間で栓をする事ができ、水が止まるまでの時間を短縮する事が出来ます。

次に、タンク内に水がたまっていく中で、水を節約する方法として、手洗い付のタンクの場合は、タンク上で手を洗うことで、別に水道の水を使わずとも手洗いが済みます。また、溜める水の量を減らすという意味では、あらかじめタンク内に水の入ったペットボトルを入れておくことで、タンク内の体積を減らすことが出来ますので、ダンスとダイエットを短縮して、水の節約につなげる事ができます。

これ以外にも、個人の好みにもよりますが、ウォシュレットを使わないという事も、水の節約になります。また、一人暮らしの場合などでは、トイレを毎回流さず数回に一度まとめて流すというのも可能です。この場合、蓋を閉めておかなければ臭いがあがってきますので、注意は必要になるかと思います。他に、子供が何人かいる家庭では、一人の子供がトイレに行くと、続けて他の子もトイレに行くという事が多いので、続けてトイレを使う場合は、最後の人が流すというルールをつくる事でも節約が可能です。

最後の部分は、人によってそんな汚い事はできないという方もいらっしゃると思いますが、出来るものに対して、少しずつの努力の積み重ねをすることで、大きな節約に繋がっていけばと思いますので、一度トライしてみて下さい。